赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 いつから

赤ちゃんの便秘に!オリゴ糖はいつから飲ませてOK?

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 いつから

 

 

赤ちゃんの便秘は本当に辛そう見るのが辛い・・・


 

赤ちゃんの便秘解消に「オリゴ糖」が効果あると言われていますが、このような疑問に答えています。

 

赤ちゃんにオリゴ糖はいつから飲ませて大丈夫なのか?

 

赤ちゃんにオリゴ糖を飲ませる方法

 

オリゴ糖の1回の量はどれくらい?

 

赤ちゃんにピッタリなオリゴ糖は何がいい?

 

こちらでは、このような発信をしています。

 

私自身も2児のママでもありますので、経験談も踏まえてご紹介します。

 

赤ちゃんの便秘にオリゴ糖はいつから飲ませて大丈夫?

 

オリゴ糖は生後1ヶ月くらいから与えて良いと言われています。

 

ただ、母乳にも「乳糖オリゴ糖」「ヒトミルクオリゴ糖」が含まれているので、わざわざオリゴ糖を加える必要はありません。

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 いつから

 

我が家では、上の子が離乳食を始めたら、便秘になってしまったので、離乳食を始めたと同じくらいにオリゴ糖を与えるようにしました。

 

なぜ、離乳食を始めたタイミングで便秘が多いの?

 

離乳食になると母乳本来のオリゴ糖を摂取できなくなるので、腸内が不安定になるみたいです。

 

どの程度の便秘でオリゴ糖を始めればいいの?

 

例えば、

 

  • ウンチの回数が減っている
  • 下腹部が普段よりも張っている状態
  • ウンチが固い
  • 母乳、ミルクを飲んでもすぐ戻してしまう
  • ウンチで踏ん張っても泣いたり痛そうにする
  • おならが臭い

 

便秘の原因はさまざまですので、オリゴ糖を与え5日位経過しても改善がイマイチであれば、小児科を受診するようにしてください。

 

今までの経験からすると、オリゴ糖を与えると、3日目くらいから徐々に効果がでる感じがします。

 

赤ちゃんのオリゴ糖の飲ませる方法

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 いつから

 

我が家では、離乳食に入れていました。

 

通常の食生活にオリゴ糖を加えています。

 

現在も、料理に入れています。

 

例えば、幼稚園に行っている子供たちのケースですと・・・

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 いつから

 

味噌汁、ヨーグルト、卵焼き、オムレツ、夏になると麦茶、パンケーキ、親子丼など何でも合います。

 

クックパッドでは、オリゴ糖を加えたレシピが3,000品以上ございますので、参考にしてください。

 

>>クックパッド【オリゴ糖を使った料理】

 

1回の量はどれくらい?

 

一般的に赤ちゃんに与えるオリゴ糖の量は、0.5〜1g程度と言われています。

 

我が家では、離乳食の時は、1gを目安に入れていました。

 

麦茶やミルクを与えるときは、0.5gという感じで与えていました。

 

参考までに月齢別のオリゴ糖の推進量

 

生後6か月まで⇒0.5〜1g

 

生後6か月〜1歳⇒1〜2g

 

1歳以上⇒2〜3g

 

赤ちゃんにピッタリなオリゴ糖は何がいい?

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 いつから

 

オリゴ糖の種類はさまざまです。

 

市販やドラッグストアで販売されている大半のオリゴ糖は、1種類のオリゴ糖のみで生成されている商品が多く、便秘解消にはイマイチといった方も少なくありません。

 

オリゴ糖はさまざまな種類のオリゴ糖が加わることで、より善玉菌を活性化してくれます。

 

さらに、市販やドラッグストアで販売されているオリゴ糖は、甘味料、クエン酸などの添加物を使用されているケースもあります。

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 いつから

 

とくに、柔らかい乳歯が生える生後6ヶ月くらいになると、甘味料大敵です。

 

そのことも踏まえ、継続してオリゴ糖を与えるのであれば、複数のオリゴ糖が配合されている、純度の高い天然のオリゴ糖を使用した商品がピッタリです。

 

天然のオリゴ糖は、虫歯にならないので安心です。

 

まとめ

 

オリゴ糖は生後1ヶ月くらいから与えて問題ありません。

 

さらに、赤ちゃんにおすすめな、オリゴ糖の選び方のポイントをまとめると!

 

  • オリゴ糖は1種類のみのケースは控える
  • 市販のオリゴ糖は1種類のみと添加物も使用している
  • 純度の低いオリゴ糖は乳歯の虫歯を招く
  • 赤ちゃんにオリゴ糖を与えるなら純度の高いオリゴ糖

 

腸内細菌は、3歳程度である程度決まってしまうと言われています。

 

小さな頃から腸内フローラを整えることは将来のためにも大切です。

page top