赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 摂取量

赤ちゃんの便秘に「オリゴ糖」の適切な摂取量は?

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 摂取量

 

母乳やミルクを飲んでいるころは、便秘とは無縁だったと思います。

 

ただ、離乳食を始めたら便秘になってしまう赤ちゃんって多いんですよね。

 

我が家でも上の子がそうでした。

 

便秘が続くと、マッサージや綿棒で何とか固い便を取り除いていましたが、完全に出し切っているのではないので、お腹が張ってきたり、離乳食を吐き出したりと余計心配になります。

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 効果

 

なるべく自然な状態でウンチを出してあげたいと願っているママさん達は、「オリゴ糖」が気になっている方も多いと思います。

 

こちらでは、オリゴ糖の適切な摂取量や与え方などについてまとめています。

 

私個人の経験も交えてご紹介しますね。

 

赤ちゃんの便秘に「オリゴ糖」の適切な摂取量は?

 

生後6ヶ月 0.5g〜
生後6ヶ月〜1歳未満 1g〜
1歳〜 2〜3g

 

一般的な摂取基準の目安となります。

 

ただ、各商品によって成分量が多少異なりますので、商品に記載している場合は、商品記載の目安を参考に
してください。

 

実際に我が家では?

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 効果

 

我が家では、離乳食の時、1日に0.5〜1g弱加えていました。

 

1g⇒小さじ2分の1程度

 

一度、1g〜2g以上入れたときがありましたが、ウンチが緩々になってしまいました。

 

現在は、幼稚園児に通う2人の息子ですが、普段の料理に加えています。

 

1日の量の目安としては、2g程度加え、甘味が足りないときは、もっと増やす場合もございます。

 

まずは、0.5〜1g程度から与え、便の状態を確認しながら適宜調整してみるのがいいと思います。

 

オリゴ糖は種類が豊富

 

市販でもオリゴ糖は購入できますが、市販のオリゴ糖の大半は、オリゴ糖の含有量が50%未満がほとんどです。

 

残りの成分は、人工甘味料や添加物が加えられているので、本来のオリゴ糖に比べ、甘味が強いです。

 

一度、この甘味に慣れてしまうと、母乳を飲まない、離乳食も食べてくれない・・・っていうことがございます。

 

そのことから、オリゴ糖を始めるなら、自然な甘味を得られる純度の高いオリゴ糖が一番です。

 

純度の高いオリゴ糖ほど、便の状態も良くなり、腸内環境も良くなります。

 

【関連記事】

 

オリゴ糖を与える時期やタイミングは?

 

小児科で昔先生に聞きましたが、純度の高いオリゴ糖であれば、生後1ヶ月でも問題ないと言われました。

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 効果

 

ただ、母乳にも豊富なオリゴ糖が含まれているので、わざわざオリゴ糖を加えなくても母乳に含まれているオリゴ糖で問題ないということです。

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 摂取量

 

しかし、離乳食を始めると、今まで母乳やミルクから得ていたオリゴ糖の摂取量が極端に減ってしまうので、便秘になりやすいということ。

 

そのことが事前に分かっているので、便秘になる事を想定し、始めから離乳食にオリゴ糖を加えることがベストということでした。

 

要注意!赤ちゃんに与えるオリゴ糖で気をつけなければいけないこと

 

市販でもオリゴ糖は購入できますが、大きく分けて、シロップ状と粉末状の2種類に分けられます。

 

とくに、シロップ状のオリゴ糖には注意してください。

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 摂取量

 

シロップ状のオリゴ糖は、商品によっては、ハチミツが加えられている商品もあります。

 

ハチミツには、ボツリヌス菌が含まれ、乳児ボツリヌス症のリスクがございます。

 

1歳未満の乳児になりやすいので、シロップ状のオリゴ糖の成分内容には注意してください。

 

【関連記事】

 

まとめ

 

生後6ヶ月 0.5g〜
生後6ヶ月〜1歳未満 1g〜
1歳〜 2〜3g

 

一般的な摂取基準の目安となります。

 

ただ、各商品によって成分量が多少異なります商品記載の目安を参考にしてください。

 

オリゴ糖は始めから摂取量が多いと、お腹が緩くなりやすいです。

 

そのため、乳幼児のお子様であれば、まずは、1gから様子をみて下さい。

 

1gでも便秘が改善されないのであれば、1回に2gを増やすのではなく、1gを2回に小分けして与えて下さい。

 

それでも便秘が改善されないようであれば、天然のオリゴ糖を試してください。

 

天然の純度100%のオリゴ糖は、添加物も入っていないので、体にも優しく、実感度も高いです。

 

市販のオリゴ糖のほとんどは、オリゴ糖含有率50%以下がほとんどで、残りの成分は人工甘味料や添加物となります。

 

今まで、母乳や粉ミルクで添加物なしで与えてきたなら、天然のオリゴ糖がいいと思います。

 

【関連記事】

page top