赤ちゃん オリゴ糖 効果

赤ちゃんの便秘にオリゴ糖!どのくらいの期間で効果が得られるの?

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 効果

 

赤ちゃんは離乳食に変更する生後4〜5ヶ月くらいから便秘になりやすいです。

 

今まで母乳やミルクに入っていたオリゴ糖を絶ってしまうのが一番の原因と言われています。

 

上の子も離乳食に変更したら、やっぱりママ友が言う通り、便秘となってしまいました。

 

 

離乳食に切り替えるとこんなに早く便秘になるなんて・・・


 

そんな時に、大変お世話になったのが「オリゴ糖」です。

 

こちらでは、

 

オリゴ糖を与えて得られた効果や期間

 

オリゴ糖の与え方

 

オリゴ糖の選び方

 

オリゴ糖のメリット・デメリット

 

これらをまとめてご紹介しています。

 

赤ちゃんの便秘にオリゴ糖!どのくらいの期間で効果が得られるの?

 

結論から言いますと、あらゆるオリゴ糖を使用した中で、純度100%のオリゴ糖(カイテキオリゴ)に変えてから、3日程度で便秘が解消されました。

 

個人差もあると思いますが、カイテキオリゴの口コミを見ていただければ3〜4日程度で便秘解消の方が多いです。

 

>>カイテキオリゴ|アットコスメの口コミ一覧116件

 

市販のオリゴ糖ではダメなの?オリゴ糖の選び方

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 効果

 

カイテキオリゴの使用以前は、市販のオリゴ糖を使用していました。

 

ひょっとしたら、市販のオリゴ糖を与えていたベースがあったからカイテキオリゴで実感度が高かったかもしれません。

 

ただ、残念ながら市販のオリゴ糖では便秘改善にはならなかったです。

 

原因は、市販のオリゴ糖のほとんどが、純度が低いオリゴ糖だからでした。

 

市販で購入できる代表的なオリゴ糖

 

オリゴのおかげ

 

 

オリゴ糖含有量(100g中) 52g
オリゴ糖種類 乳果オリゴ糖

 

活き活きオリゴ糖

 

 

オリゴ糖含有量(100g中) 41g
オリゴ糖種類 イソマルトオリゴ糖

 

フラクトオリゴ糖 きびブラウン

 

 

オリゴ糖含有量(100g中) 40g
オリゴ糖種類 フラクトオリゴ糖

 

イソマルトオリゴ糖 1000g

 

 

オリゴ糖含有量(100g中) 50g
オリゴ糖種類 イソマルトオリゴ糖

 

市販で購入できるオリゴ糖の大半は、どれも、1,000円以内で購入できるものばかりです。

 

ただ、オリゴ糖の含有量は、多くても50%程度で、残りの成分は、添加物となっています。

 

【市販のオリゴ糖に含まれる代表的な添加物】

 

酸味料、保存料(ソルビン酸K)、人工甘味料(スクラロース、アセスルファムK、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、乳糖、ブドウ糖、酸化防止剤、香料、保存料

 

中でも、人工甘味料(スクラロース、アセスルファムK、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)は、赤ちゃんの便秘解消前に、栄養面、健康面に問題がありますので、避けたいところです。

 

そのことからも、純度100%のオリゴ糖は、デリケートな赤ちゃんにも安心で、便秘効果もあるので一石二鳥です。

 

【関連記事】

 

オリゴ糖の与え方

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 効果

 

我が家のケースでは、離乳食に入れたり、ヨーグルトやパンケーキ、卵焼きなどに入れて甘味をつけています。

 

オリゴ糖の量ですが、各商品によって異なりますが、大半が、0.5〜1g程度で十分です。

 

1回の量が多すぎてしまうと、お腹を下してしまうケースもありますので、まずは、様子を見ながら量を調整するのが一番だと思います。

 

オリゴ糖のメリット・デメリット

 

メリット

 

  • 腸内のビフィズス菌が増える
  • 腸内活発になり大人になっても便秘になりにくい体質が形成される
  • 悪玉菌が減り赤ちゃんの肌荒れ、湿疹、吹き出物を防ぐ
  • 脳の発達に重要なビタミンB群が生成されやすい
  • 血糖値が上がりにくいので糖尿病の方にもおすすめ
  • ダイエットで襲ってくる便秘対策にかなり役立った

 

オリゴ糖は赤ちゃんだけでなく、我が家では家族全員摂取しています。

 

摂取していると言っても、甘味料はすべてオリゴ糖を使用しているので、砂糖は一切使用していません。

 

そのお陰で、家族全員風邪知らずです(笑)

 

ただ、デメリットも!

 

  • 多めに摂取するとお腹を下す
  • 習慣に摂取しないといけない

 

オリゴ糖は継続的に摂取することが一番のポイントです。

 

人間は、睡眠不足、肉中心の食べ物、ストレス、などによって腸内は悪玉菌が増えてしまいます。

 

そのことも考え、オリゴ糖は普段の料理に加えることが出来ますので、無理なく習慣化しやすいのが最大のメリットです。

 

まとめ

 

  • 個人差にもよりますが、3日程度で便秘を解消
  • 市販でも購入できるが添加物が多い
  • オリゴ糖は継続的な摂取が一番大切

 

今まで、色々なオリゴ糖を使用してきましたが、やっぱり純度が高いオリゴ糖が一番実感ございました。

 

おかげさまで、2人の息子も便秘に悩まされることもなく、元気に育ってくれています。

 

赤ちゃんの便秘で悩まれているママさんたちにぜひ、純度100%のオリゴ糖から始めてみて下さい。

 

【関連記事】

page top