赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 薬局 市販

赤ちゃんの便秘に有効なオリゴ糖!薬局や市販で選ぶポイントは?

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 薬局 市販

 

オリゴ糖は薬局やドラッグストアでも販売されています。

 

 

ただ、種類も豊富だし、いったいどのオリゴ糖が赤ちゃんにいいのか迷う


 

オリゴ糖は、腸内環境改善を目的とされていますが、オリゴ糖の種類によっては、ダイエット目的や糖尿病対策に特化しているオリゴ糖も存在します。

 

こちらでは、

 

赤ちゃんの便秘にピッタリなオリゴ糖!薬局や市販の選び方

 

赤ちゃんにとってNGの成分も?

 

薬局や市販で購入可能!赤ちゃんの便秘に合うオリゴ糖一覧

 

をまとめています。

 

 

赤ちゃんは離乳食が始まる生後5ヶ月くらいから便秘になりやすくなります。

 

原因は、今まで母乳やミルクから得られたオリゴ糖の摂取量が極端に減るからです。

 

ただ、事前に知っておくことで、赤ちゃんが便秘になった場合でも冷静に対処できますよ。

 

赤ちゃんの便秘に有効なオリゴ糖!薬局や市販で選ぶポイント!

 

薬局や市販でオリゴ糖を購入する前に、最低限ここだけは押さえておくポイントをご紹介します。

 

オリゴ糖には、大きく分けますと2種類ございます。

 

1、消化性オリゴ糖

胃や小腸で消化してしまうオリゴ糖です。
イソマルトオリゴ糖、大豆オリゴ糖が代表的です。
オリゴ糖は胃や小腸で消化してしまうと、便秘改善の効果がありません。
消化性オリゴ糖は、便秘改善に向いていません。

 

2、難消化性オリゴ糖

難消化オリゴ糖は、胃や小腸で消化されないで、しっかり大腸まで届くオリゴ糖です。
便秘改善には、難消化性オリゴ糖を選んでください。

難消化オリゴ糖の代表格

乳糖果糖オリゴ糖、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノース(ビートオリゴ糖)です。

 

赤ちゃんにとってNGの成分も?

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 薬局 市販

 

赤ちゃんにとってNGな成分は「ハチミツ」です。

 

オリゴ糖にハチミツを加えた商品もございますので、要注意です。

 

一見、砂糖に比べ、ハチミツの方が赤ちゃんにとって良い感じがしますが、1歳未満の赤ちゃんのハチミツはNGです。

 

ハチミツには、ボツリヌス菌が含まれ、乳児ボツリヌス症のリスクがございます。

 

乳児ボツリヌス症は、生後1歳未満の乳児になりやすく、便秘が数日間続く、全身の筋力低下、脱力状態、泣き声が小さくなる、顔面は無表情といった症状となります。

 

【関連記事】

 

薬局や市販で購入可能!赤ちゃんの便秘に合うオリゴ糖一覧

 

薬局や市販でも購入できる便秘改善によい「難消化オリゴ糖」はこちら!

 

薬局ではマツモトキヨシでは販売されています。

 

パールエース オリゴのおかげ 500g

 

 

乳果オリゴ糖が主成分です。大腸までしっかり届き、善玉菌を増やします。

 

種類 乳果オリゴ糖シロップ
形状 液状
内容量 500g

 

パールエース オリゴのおかげダブルサポート 顆粒 6gx15本

 

 

「オリゴのおかげ ダブルサポート」のオリゴ糖は「乳果オリゴ糖」です。
牛乳とサトウキビから得られる難消化性のオリゴ糖ですので、大腸までしっかり届きます。

 

種類 乳果オリゴ糖顆粒
形状 細粒・顆粒剤
内容量 1本辺り1g(乳果オリゴ糖3.1g)

 

北海道てんさいオリゴ

 

 

ラフィノース(ビートオリゴ糖)は、腸内の善玉菌を活性化し、悪玉菌を減少させる。

 

種類 ビートオリゴ糖(ラフィノース)
形状 液体
内容量 1s

 

薬局や市販のオリゴ糖の大半の商品は、1種類のオリゴ糖だけで作られています。

 

ただ、体内には種類豊富なビフィズス菌が存在し、オリゴ糖の好き嫌いがあるので、一部のビフィズス菌しか活性化できないことが分かっています。

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 薬局 市販

 

そんなことから、便秘改善の目的でオリゴ糖を始めるのであれば、複数のオリゴ糖が配合されたオリゴ糖がおすすめです。

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 薬局 市販

 

そんな複数のオリゴ糖が配合された商品がカイテキオリゴです。

 

カイテキオリゴ

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 薬局 市販
長年の頑固な便秘のお悩みには『カイテキオリゴ』

 

カイテキオリゴは、4種類のオリゴ糖(ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、セロオリゴ糖)が配合されています。

 

すべて難消化性オリゴ糖ですので、約30種類の善玉菌の働きをフルサポートします。

 

大手ネット通販でも販売されていますが、公式サイトでは、25日間の返金保証もあったり、お得な定期コースであれば、1日約80円程度で済みますから大変お得です。

 

種類 ビートオリゴ糖(ラフィノース)、ミルクオリゴ糖、乳糖、セロオリゴ
形状 粉末
容量 150g

 

我が家では、離乳食を始めた上の子が便秘になってしまい、ママ友の勧めで、カイテキオリゴを始めたら3日程度で便秘が改善され、今では、普段の料理に加えています。

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 薬局 市販

 

粉末タイプで溶けやすく、どんな料理にも大活躍です。

 

例えば、オムレツ、パンケーキ、卵焼きなど・・・なんでも相性が良いです。

 

赤ちゃん 便秘 オリゴ糖 薬局 市販

 

まとめ

 

便秘改善には、難消化性オリゴ糖を選ぶ!

 

難消化性オリゴ糖は、乳糖果糖オリゴ糖、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノース(ビートオリゴ糖)

 

これらのどれかの成分が含まれている商品にしましょう。

 

ハチミツ入りの場合は、1歳未満はNGです!

 

オリゴ糖は薬局や市販でも気軽に購入できます。

 

ただ、大半のオリゴ糖は1商品に対し、1種類のオリゴ糖しか含まれいません。

 

便秘予防、整腸作用、ダイエットなどには向いていますが、便秘改善の目的であれば、効果は期待できません。

 

便秘改善を何とかしたい場合は、複数のオリゴ糖が含まれた商品を選ぶことが先決です。

 

オリゴ糖にもたくさん種類がありますので、選ぶ際に参考にしていただければ幸いです。

page top